横浜流星は空手の世界王者!K1王者の夢を諦めた本当の理由はある決断にあった!

Pocket

人気のイケメン俳優で今飛ぶ鳥を落とす勢いのある横浜流星

演技力も高く評価されていますが、じつは空手世界大会世界一の栄光に輝いた過去も!

空手をしている時の動画はまさに格闘家で、幼少期の夢はK-1選手だったそうです。

しかし、結局はK-1選手の夢を諦め、俳優の道へ歩くことになりましたが、、その理由が気になる!!

今回は、横浜流星の空手について、K-1選手への夢を諦めて俳優になった理由についてをご紹介していきます。

この記事で分かる事
・横浜流星の空手の実績
・横浜流星が空手を辞めた理由
・これから横浜流星が格闘家に転身する可能性

横浜流星の空手の実績

スポンサーリンク

まずは、横浜流星の空手の実績からご紹介していきましょう。

実績

横浜流星は中学生の時点で黒帯を獲得、さらに、中学3年生の時に出場した「2011 全日本青少年空手道選手権大会」13・14歳男子55kgの部で優勝を果たしています。

それだけでもすごいのに、それより上をいく高実績を叩き出しています!

「第7回国際親善空手道選手権大会」13・14歳男子55kgの部での優勝です。

つまり、世界大会での優勝、世界一になったということです!!

この大会は空手界では、世界最高峰の大会と言われているらしく、優勝後は雑誌からインタビューを受けるなど、大きな注目を集めたとのこと。

https://twitter.com/iii_tako/status/1127497204657152001?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1127497204657152001%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=http%3A%2F%2Ftsuru.top%2Fe6a8aae6b59ce6b581e6989f%2F

しかも、世界大会での決勝は一本勝ちという最高の勝ち方だったようです。

流派・道場

さて、そんな横浜流星の空手の流派は極真空手です。

空手の大枠は、ノンコンタクト空手とフルコンタクト空手の2種類があります。

ノンコンタクト空手は直接の打撃が避けられる寸止めで型を重視する空手、フルコンタクト空手は直接打撃で戦う空手です。

横浜流星がやっていた極真空手は、フルコンタクト空手の1つ

その分、危険を伴うため、かなりハードな練習を重ねていたようです。

横浜流星が通っていた道場は「埼玉県北葛飾郡松伏町松伏467」にある「極真会館下総支部松伏道場」というところです。

横浜流星は神奈川県出身なので埼玉県まで通っていたのか?と思いましたが、じつは松伏道場は2009年に引っ越しをして埼玉県へ新設されたもののようです。

週5日みっちり練習に通っていたようなので、以前はもっと自宅近くにあったのかもしれません。

空手を始めたきっかけ

横浜流星が空手を始めたのは、小学1年生の時

数ある習い事を体験した結果、空手が1番楽しかったため、習い始めたそうです!

やっぱり1番楽しいと思える習い事をしたほうが伸びるんですね〜

横浜流星が空手を辞めた理由

次は、横浜流星が空手を辞めた理由についてご紹介します。

世界一に輝いて、これから空手家や格闘家になる選択肢もあったのに…

一体どうしてやめてしまったのでしょうか?

空手を辞めた理由は「今しかできないこと」を選んだから

横浜流星は冒頭でも紹介した通り、空手をやって将来はK-1選手になる夢を持っていました。

しかし、小学6年生の時にスカウトを受け芸能事務所に所属。

空手と子役の2足の草鞋で活躍していました。

空手の腕が上がっていく一方で、子役として演技の楽しさを感じるようになった横浜流星は、高校に入ってから「このまま空手を続ける」「俳優1本に絞る」「大学へ進学する」かの選択肢で相当悩んだようです。

しかし、横浜流星は最終的に「今しかできないことをやろう」と俳優の仕事を選ぶことに。

両親も「人生は一度きりなんだから、流星の好きなように生きなさい」と後押ししてくれ、人気俳優として大成功することになったのです!!!

きっと横浜流星ならどの選択をしても、成功していたでしょうね〜

この決断力も素晴らしい!!

空手王者の実力を芸能界で発揮

横浜流星は空手を辞めてしまった現在でも、俳優として空手王者の実力を活かして活躍しています。

ここからは、横浜流星の空手経験が活きたかっこいい動画を見ていきましょう!

空手王者だからこそできるこんなアクションシーン!

スポンサーリンク

横浜流星 本場アクション 挑戦 in 香港

さらに、CMでも…ハイキックの高さがすごい…

横浜流星、執事役でキレキレのハイキック連発!真矢ミキもうっとり 「ワイモバイル」新CM メーキング映像も公開

2020年に公開された映画「きみの瞳が問いかけている」では、横浜流星は元キックボクサーの役を熱演

キックボクシングシーンがプロそのものだと大きな話題になりました。

横浜流星の本格的なキックボクシング!その迫力に吉高由里子も驚嘆 映画『きみの瞳が問いかけている』副音声上映本編サンプル映像

もっとアクション映画に出演してほしいとの声も上がりましたよ!

さらに、本物のキックボクサーである那須川天心とは小学校の頃からの友人関係で、プライベートでも連絡を取り合っているとのこと。

度々メディアで共演し、キック対決やスパークリングなどを披露してくれています。

横浜流星vs那須川天心
横浜流星くんとスパーリングした

空手を辞めても、それを今の俳優業に活かして活躍しているって本当にすごいことですよね!

横浜流星の格闘家への転身の可能性

さて、空手を辞めてもその才能はずっと持ち続けている横浜流星。

もしかして、今後俳優を辞めて格闘家へ転身する可能性もあるのでしょうか?

調べてみると、横浜流星が将来的に格闘家へ転身すると語った情報はありませんでした。

現時点では、途切れなくドラマや映画に出演しています。

イメージダウンするようなスキャンダルもありませんし、人気もずっと高いことから、これからも俳優として活動してくれると思われます!!

もし格闘家へ転身するとなっても、多くのファンが横浜流星を応援し続けることでしょう〜

横浜流星の空手について世間の声は?

では、最後に横浜流星の空手について、ツイッターで世間の声を見てみましょう。

イケメンなだけでなく、横浜流星の空手の腕にみんな驚いているようですね〜

それに筋肉にも!!

大きな注目が集まっていますよ〜

今後もアクションシーンで多くのファンを魅了してほしいですね!

まとめ

今回は、横浜流星の空手について、K-1選手への夢を諦めて俳優になった理由についてをご紹介しました。

以下に要点をまとめます。

横浜流星の空手について

・横浜流星は中学生の時に空手の世界大会で世界一に輝いた

・横浜流星は極真空手をやっており道場は「松伏道場」に通っていた

・横浜流星が空手を辞めて俳優になった理由は「今しかできないこと」を選んだから

・横浜流星は空手の経験を俳優業にも活かしている

・横浜流星が格闘家に転身する可能性は今のところなし!

空手をやっていた俳優さんってたくさんいると思いますが、横浜流星のように世界一の実力を持った人ってほとんどいないですよね〜

空手で世界一を獲ったように、俳優としても世界一の演技を披露していってほしいです!

これからも横浜流星の活躍を応援していきましょう!!

スポンサーリンク

ifのディスプレイ広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.