鷲尾いさ子の2022年現在の姿が衝撃的!難病を支える夫・仲村トオルの献身に感動の声続出!

Pocket

今回は鷲尾いさ子に関する話題をご紹介します。

鷲尾いさ子といえば、女優で仲村トオルでもあります。

そんな鷲尾いさ子ですが、現在筋萎縮性側索硬化症という難病を患って現在の姿車椅子生活だとか。

というわけで鷲尾いさ子の様々な情報をみていきましょう。

鷲尾いさ子の現在の姿について

この投稿をInstagramで見る

n0v25(@n0v25)がシェアした投稿

✅名女優として活躍していた鷲尾いさ子ですが、現在はめっきりメディアで見かけなくなりましたが、現在はどうしているのでしょうか?

どうやら現在の鷲尾いさ子は1人で外出する事が出来ない程、生活が困難な様なのです。

車椅子生活という噂もある様なのですが、その真相は不明です。

そしてその生活困難な理由はというと、病気です。しかも、かなりの難病と言われています。

いったい、何の病気でどんな生活を送っているのでしょうか。

鷲尾いさ子の今現在の姿について見ていきましょう。

仲村トオルの難病の妻を全力で支え続ける献身的な姿がヤバい!

画像引用元:ORICONNEWS

鷲尾いさ子旦那である仲村トオルは、難病である妻にどの様に思い接しているのでしょうか?

妻への想いについて仲村トオルが過去にインタビューで「守り抜きたいものというテーマについて語っていました。

それによると

(守り抜きたいものは)

「もちろん家族です。俺の代わりの役者はいくらでもいる」

「妻や子供は間違いなく、自分でなければダメな人たちで、自分をどうしようもなく必要としてくれていると思う」

とのこと。

素敵な発言ですよね。

責任感からであるかもしれませんが、家族を守らなければいけないという意思が強いようです。

仲村トオルのコメントを見ると、鷲尾いさ子は誠実で素敵なパートナーに恵まれたことが分かりますね。

仲村トオルの献身的なサポートにエール続出

画像引用元:ORICONNEWS

難病の妻をもつ仲村トオルがどの様な生活をしているのか気になるところですが、仲村トオルは、献身的に鷲尾いさ子を介護しているとの事。

超売れっ子俳優の身でありながら、ヘルパーなどに頼らずに空いた時間は介護・家事に注ぎ込むという献身ぶりなのだとか。

自らを「アクティブな引きこもり」を自称する仲村トオルですが、妻である鷲尾いさ子の事をとても大事にしている事が分かりますね。

✅もう10年以上介護していることになりますが、そんな仲村トオルに世間はどのような反応を見せているのでしょうか?

このように多くのファンが仲村トオルによる献身的な介護に肯定的な反応を示し、エールを送っていました。

仲村トオルってとても優しいんですね。

「あぶない刑事」ではナンパな役を演じていましたが、私生活ではとても誠実で家族思いな男性のようです。

大変かと思いますが、今後も鷲尾いさ子を支えてほしいと思います。

鷲尾いさ子が最後にテレビ出演した作品と今後の芸能界復帰の可能性は?

この投稿をInstagramで見る

歩和英佳(@fuwaeika)がシェアした投稿

✅鷲尾いさ子は2010年頃から難病の治療のため療養していますが、そもそも最後にテレビに出演したのはいつだったのでしょう?

鉄骨娘」で一世を風靡した鷲尾いさ子、テレビ見かけるとその透明感についつい見入っていたという方も思います。

その後、テレビドラマ・映画・CM・モデルと多方面で大活躍をしていますが、1997年位からメディアでの露出が激減し2003年のフジテレビ「東京ラブ・シネマ」への出演が最後となっています。

次に、

芸能界復帰の可能性ですが、結論から言うとまだまだ先の話の様ですね。

継続的に治療を続けているものの、突発的に症状が出る可能性があるという状態の様で芸能界の様なハードな仕事をこなすのは直ぐには難しそうですね。

ネット上では、復帰を望むファンの声が多数あがっていますし、

個人的にもまたいつか鷲尾いさ子の落ち着いていて魅力的な演技を見たいな…と思っていますが無理をして焦って復帰してほしいとは思いませんし、今はとにかく心身に負担が無い生活を送ってほしいものです。

鷲尾いさ子の難病の病名は何?不治の病って本当?

この投稿をInstagramで見る

Rena(@rna14rr)がシェアした投稿

✅現在病気の治療に専念するために女優業を休業している鷲尾いさ子ですが、なんという病名なのでしょうか?

鷲尾いさ子について調べると「歩行や会話も困難になる可能性もある、原因不明の完治が難しいといわれる病気」と出てくるのですが…

どうやら50~60歳の方に多い病気で、進行していくと生活困難になるんだそうです。

仲村トオルも週刊誌のインタビューで、(鷲尾いさ子が)『症状がいい時もあるが、悪い時は歩くのもやっとで…』と語っていました。

こういった情報から鷲尾いさ子が発症したのは筋萎縮性側索硬化症(ALS)ではないかといわれています。

原因不明で不治の病ともいわれているようですね。

ALSはすごく大変な病気だと思うので、鷲尾いさ子自身も病気を知ったときはショックだったのではないでしょうか…

それでは、筋萎縮性側索硬化症はどういった病気なのでしょうか?

鷲尾いさ子の病気の噂その①:筋萎縮性側索硬化症の可能性について

冒頭でお伝えしたように鷲尾いさ子は現在筋萎縮性側索硬化症を患っているのではないかといわれています。

実はこの病気は「不治の病」といわれるほどの難病なんだとか…

この筋萎縮側索硬化症はどういった病気なのでしょうか?

筋萎縮側索硬化症について調べたところ、ALSという名称であることが判明しました。

症状

症状としては人間の手や足、顔などの自分の思ったようにからだを動かすために必要な筋肉を随意筋というのですがその随意筋を支配する神経であるニューロン(神経細胞)が侵されて筋肉を動かしにくくなり、筋肉がやせ細ってしまうそうです。

ニューロンは歩いたりモノを持ち上げたり様々な場面で脳の命令を筋肉に伝える役割をしているのですが、ALSはこのニューロンが侵されてしまう病気なんだとか。

ALSはこの運動ニューロンが侵される病気です。

一言でいうと、筋萎縮性側索硬化症は運動伝達神経回路自体が機能しなくなる病気だそうです。

もちろん、病状が進めば呼吸筋まで停止してしまいます。

恐ろしい病気なんですね…

鷲尾いさ子がどれほど不便でつらい思いをしているか、容易に想像ができます。

als(筋萎縮性側索硬化症)の原因や初期症状は?遺伝性の要素が大きい病気?

先程はALS(筋萎縮性側索硬化症)の症状についてお話ししましたが、そもそもこの病気はどういった原因で発症するのでしょうか?

発症初期症状も気になりますね。

ALSの原因を調べましたが、現時点ではまだ原因が明らかになっていないようです。

シナプスから出てくる興奮性アミノ酸であるグルタミン酸が過剰になり。神経細胞が死滅するのではないか、環境の中にある何かが原因なのではないか?と原因が諸説挙げられますが実際のところは明確な原因はないそうです。

ちなみに筋萎縮性側索硬化症が発病してよく見られる初期症状としては、手足がやせ細って自由が利かなくなったりといったものがあるそうです。

筋肉が機能しなくなるということで、患者自身も明らかな異常を感じるみたいですね。

食べ物を飲み込みにくくなったり、話しにくくなるという症状もあるようですので、違和感には比較的早い段階で気付きます。

現代の医療はかなり発達していますが、それでもALSの原因はしっかりと判明していないんですね。

やはり、鷲尾いさ子も初期段階で異変に気付いたのでしょうか?

自分の身体が思うように動かないという感覚はとても悔しいものだったと思います。

筋萎縮性側索硬化症は国の定めた特定疾患?

実は筋萎縮性側索硬化症は筋肉が機能不全になるということで国が特定疾患として指定しているんです。

つまり、国から

・特定疾患医療費助成

・高額医療費の還付制度

・障害者医療費助成制度

・生命保険の入院給付金

などの補助制度を受けることができます。

治療に専念する環境が整えられているんですね。

家族や周囲の人々のサポートは必須ですが、進行を遅らせて延命措置をとることは可能です。

個人的にはこうした補助もすごくありがたいですが、いち早く治療方法や完治する技術を進歩させてほしいなあと思います。

鷲尾いさ子の病気の噂その②:パーキンソン病の可能性について

✅鷲尾いさ子はALS(筋萎縮性側索硬化症)であるという話をしましたが、違う病気の可能性はあるのでしょうか?

現在でも本人がALSと明言しているわけではないので、何か別の病気という可能性もありますよね。

いずれにせよ難病に変わりはありませんが…

鷲尾いさ子を襲った病気の詳細が知りたいので詳しく調べてみました。

ここでは鷲尾いさ子はパーキンソン病の可能性があるかといった話をします。

パーキンソン病の特徴と原因は?

パーキンソン病の特徴は、体の動きに障害があらわれるというものだそうです。

動作が遅い・少ない・小さいといったものから手足の震えなども症状として挙げられます。

また、パーキンソン病の原因としては、中脳の黒質にあるドパミン神経細胞がこわれて、作られるドパミンが減るというものが挙げられます。

ドパミンは、大脳皮質からの指令を筋肉に伝えるもので身体の動きをスムーズにするものといわれています。

しかし、パーキンソン病はこうして原因が解明されていることから鷲尾いさ子の病気ではないのではないか?と個人的には思います。

鷲尾いさ子の病気の噂その③:膠原病の可能性について

続いて膠原病の可能性があるか?といったお話をします。

膠原病は一体どういった人に発症してどのような特徴があるのでしょうか?

早速みていきましょう。

膠原病の特徴と原因は?

鷲尾いさ子は他にも膠原病の可能性もあるといわれています。

膠原病とは、関節の腫れやこわばり、痛みが症状としてみられる病気です。

病気が進行すると関節が変形したり臓器にも障害があらわれるみたいです。

パーキンソン病やALSもそうですが、恐ろしい病気ですね…

気になって膠原病の発症理由を調べたのですが、残念ながら現在は原因が解明されていないようです。

一応遺伝もひとつの要因として捉えられているようですが、遺伝以外(生活の環境など)も大きな原因になるのではないかといわれています。

一刻も早く、明確な原因が判明してほしいです。

鷲尾いさ子の病気の可能性が一番高いのはどの病気?

この投稿をInstagramで見る

toru_nakawura_fan(@toru_nakamura_fanpage)がシェアした投稿

✅さきほど、鷲尾いさ子が患っているとおもわれる病気を色々ご紹介しましたが、どの病気の可能性が一番高いのでしょうか?

ネットなどの情報によると、みなさんALS(筋萎縮性側索硬化症)が一番可能性が高いのではないかといわれています。

というのも、パーキンソン病は原因も解明していますし、膠原病だと判明するには関節のようすが分からないと特定できませんよね。

また、「不治の病」といった記述があったので、やはり筋萎縮性側索硬化症ではないかと考えられます。

更に、日本健康教育振興協会の菅原道仁会長がこの病気について以下の様に説明している様です。

「50~60才くらいのかたに多い病気ですが、若いかたにも発症例が少なくありません。

進行していくと、歩行や会話も困難になってしまう可能性もあります。

現在は投薬やリハビリ治療によって日常生活に支障が出ないようにすることができるようになってきました」

引用元:https://news.mynavi.jp/article/20130425-a028/

筋萎縮性側索硬化症の症状にかなり近い様ですね。

以上の事から鷲尾いさ子の病名はALS(筋萎縮性側索硬化症)が一番可能性が高いと言えるかと思います。

医療が更に進歩して鷲尾いさ子がまた元気な姿で映画やドラマに出演することを祈るばかりです。

仲村トオルと鷲尾いさ子の娘・ミオも母親を献身的にサポート

画像引用元:https://www.chunichi.co.jp/article/382251

さて、鷲尾いさ子と仲村トオルの間には『ミオ』という芸名で芸能界デビューしている1人娘がいます。そのミオも鷲尾いさ子の看病を手伝っているのでしょうか?

昨今の仲村トオルについて調べるとどうやら飲み会に顔を出す機会が少しずつ増えているとのことでした。

おそらく、ミオが家事を積極的に手伝っているのではないでしょうか?

だとしたら、親子関係は良好でミオも鷲尾いさ子をサポートしていることが分かりますね。

ミオにとって鷲尾いさ子はかけがえのないたった一人の母親ですし、仲村トオル同様とても大事に思っていることでしょう。

ミオも徐々に売れてきているので今後仕事が忙しくなるかと思いますが、母親・父親とのコミュニケーションを忘れないでほしいですよね。

まとめ

今回は仲村トオルの妻・鷲尾いさ子についての話題でした。

いかがでしたか?

筋萎縮性側索硬化症は恐ろしい難病ですが、進行を遅らせることはできるようになっているんですね。

鷲尾いさ子がまたテレビに映る日が来ればいいな…と思います。

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

Multi
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.