三田友梨佳の実家は年商100億以上!華麗なる三田一族の家系の実態に驚愕!

Pocket

今回のテーマは三田友梨佳実家についてです。

実はお金持ちと言われている三田友梨佳の実家ですが、なんとビルを所有している上、高級料亭と劇場「明治座」を経営している事が判明しました。

三田友梨佳はどんだけセレブなお嬢様なのでしょうか?

という訳で気になる実家の商売と両親についてスポットを当ててみました。

この記事で分かる事

・三田友梨佳の実家の家業

・三田友梨佳の両親の人物像

三田友梨佳(ミタパン)の実家のお金持ち事情

三田友梨佳さんの実家はお金持ちだという噂がありますが、真相はどうなのでしょうか?

ミシュラン三ツ星の老舗料亭

画像引用元:https://ecdeaf.com/mitayurika-jikka#i

三田友梨佳さんの実家は老舗の高級料亭「玄治店 濱田家」です。

お店ガイド

◆住所:〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町3-13-5
「玄治店 濱田家」は高級料亭として1912年(大正元年)歌舞伎の舞台としても知られる玄治店の跡地に開業されましたので、100年以上続く老舗です。
また、「玄治店 濱田家」の料理は季節の恵みと彩りを最大限に活かした会席料理です。名匠の手による器と盛り付けの美しさ、お味と技の繊細さ。五感に響く日本料理の神髄を堪能できるそうです。

画像引用元:https://www.hamadaya.info/cuisine/
更に、季節の移ろいを床の間に描き出す掛け軸や生け花。四季折々で表情を変える日本庭園。清々しく水が打たれた玄関の敷石があるとのこと。
画像引用元:https://tokuhain.chuo-kanko.or.jp/archive/2018/05/post-5282.html
室内はもちろん、細部にまで気を配ってお客をもてなしてくれるようですね。
この料亭は完全予約制で、定休日は日曜日、祝日です。気になるお値段の方ですが、昼の部は1万5000円・2万5000円のコースで、夜の部は3万・4万・5万コースのでした。料亭として初めて三つ星店になっただけあり、お値段も高めです。
このお店をよく利用される大物政治家や一流芸能人などの著名人のレベルに価格を設定されているのかも・・。

ミシュラン三ツ星

また、「玄治店 濱田家」は料亭として初めてミュシュラン三つ星店に選ばれました。

ミシュランとは?

かなり厳しい評価・審査をされ、厳格な守秘義務があることから、ミシュランに認められた店は名誉です。

歴史ある老舗料亭とだけあって、味の方も折り紙つきという事ですね。

実家の料亭について世間の声は?

格式ある高級老舗料亭という事で一般人にはちょっと敷居の高いという意見が多い様ですね。

三田友梨佳の母親

画像引用元:https://www.hamadaya.info/about/

こちらの顔画像が三田友梨佳さんの母親・三田啓子さんです。

三田友梨佳さんの母親だけありとても美人な方です。この母親が「濱田家」の女将として店を切り盛りしているとの事。しかし、こんなキレイな女将なら、何度も足を運びたくなりますよね。

母親のプロフィール

名前:三田啓子

生まれ:1951年、福岡県福岡市博多区生まれ

実家:父親が博多で会社経営

学歴:青山学院短期大学卒業

経歴:JALに入社しCAとして3年間勤務後、濱田家後継者である三田芳裕さんとお見合い結婚

職業:結婚後、「玄冶店 濱田家」の女将となる

三田啓子さんは、学校卒業後、大手航空会社の「JAL」へ入社しています。

入社困難と言われるJALへ入社しただけでも、優秀な方だったと想像出来ます。

そして、「濱田家」後継者の三田芳裕さんとお見合い結婚をし現在は実家の「玄治店 濱田家」の女将としてお店を切り盛りしています。

女将という仕事は、料亭を支える大事な役目。しかも由緒ある高級料亭の女将という事ですから精神的重圧も相当なものだったのではないでしょうか。

それでも、女将としてこれだけの有名店を取り仕切る啓子さんはどれだけ凄い方なのか想像できます。

容姿端麗で優秀な才色兼備の代表格の様な方ですね。

三田友梨佳の母親の仕事内容

三田友梨佳の母親である三田啓子さんは結婚してからCAから女将へ転身してからかなりの苦労もあった様ですが、今や高級料亭の名物女将!その経験を活かし、現在では女将意外にも幅広く活躍されています。

玄冶店 濱田家の女将の仕事

まずは本職のお女将業。

女将デビューした時には女将に必要な素養をかなりの勉強をしたようです。

  • おもてなし
  • 書道
  • 茶道
  • 花道

一般的な料亭とは違い、各業界の著名人が来店する「濱田家」。その女将の責務を全うする為には、かなりの苦労があった様。

名前を間違える等の粗相は致命的。常に細心の気配り、心配りをしなければならない。そのため女将なり立ての頃はかなり緊張し苦労していたとの事。

様々な苦労と経験を乗り越えて今の名物女将があるのですね。

雑誌のお仕事

画像引用元:https://4yuuu.com/articles/view/82231

美人アナとして有名な三田友梨佳アナの製造元とだけあって三田啓子さんもかなりの美人です。

その美貌から女性向け月刊美容雑誌『美ST』でも美をテーマにした特集などで活躍されています。

その他、美容に関する様々なインタビューを受けてらっしゃるので、メディアの仕事がこれからも増えそうですね。

講座のお仕事

画像引用元:https://www.joshi-mirai.com/report/398

更に、セミナーなどで100年以上の歴史を誇る老舗料亭の美人女将として「和」の似合う美しい女性になる方法講座にて、季節や場所に合わせた着物の選び方、ヘアメイクや所作まで教えているようです。

女性が主体性を持って生きるという意識が高まっている中、三田啓子さんの様な人への求心力はかなり強そうですね。

母親の教育方針

気になる母親の教育方針ですが、

仕事と子育てに大事なのは他人への感謝。感謝の気持ちを持って周りに接する事が大切。

と語っていました。

母親の三田啓子さんの両親はとても前向きで誠実。更に人の陰口を言わず、アメリカ人のようにオーバーな愛情表現をするとの事。

自分が受けてきた教育を『感謝』という気持ちで子育てや仕事に反映させている様。

子供への教育については特に、

・行儀作法
・感謝の気持ちを伝える
・言葉遣い
・他人に迷惑をかけない

この4つはとても厳しく教え、子供扱いはせず対等に接していたとのこと。

三田友梨佳アナも厳しくも愛情をいっぱいに貰って真っ直ぐに育ったという感じですね。

三田友梨佳の父親

画像引用元:https://hamacho.jp/people/p=199.html

こちらの顔画像が三田友梨佳さんの父親・三田芳裕さんです。いかにもお金持ちという風格ですよね。

年齢は1951年生まれなので、2022年現在71歳のようです。

三田芳裕さんは2020年に「明治座」の代表取締役社長に就任しています。

さらに「玄治店 濱田家」の御曹司でもあるので、「明治座」と「玄治店 濱田家」の両方の取締役を兼任していることになります。

明治座


画像引用元:https://www.meijiza.co.jp/seat/

明治座は東京を代表する劇場として親しまれてきました。

明治座とは?
株式会社明治座が運営する東京日本橋にある劇場で、明治6年に創業された歴史ある劇場。歌舞伎はもちろんのこと、五木ひろしや氷川きよしなど超有名な方が公演を行っております。

アクセス:〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2丁目31番1号

三田芳裕さんが社長に就任した後は、明治座内のレストランメニューやお弁当にも改良を重ねてきたこともあり、お客さんに評判が良いとのこと。

高級料亭の取締役も兼任しているということもあり、『食』に関してはこだわりがあった事が分かりますね。

多角経営

尚、株式会社明治座は、劇場の運営だけでなく以下の業態での経営も行っています。

『不動産賃貸・管理、ケータリング業』

『とんかつ伊勢・居酒屋浜町亭』

この他にも、三田芳裕さんは日本食生活文化財団理事長だそうです。まさに経済界の大物ですね。

実家は5階建てビル

三田友梨佳アナの実家住所は、『玄冶店 濱田家』である東京都中央区日本橋人形町3-13-5のすぐ側にあります。

実家は、なんと5階建てのビルです。
実はこのビル自体が三田家が所有してるものであり、地価3億5000万円以上すると言われています。

東京のど真ん中に自宅としてビルを構えるて、一般人には想像つかないですね。

なぜ実家が一軒家やマンションではなく、ビルなのかは謎ですが、もしかすると三田家が経営する会社の事務所が入っているかも知れないですね。

華麗なる三田一族の家系

✅三田家一族が凄い家族というのは分かりましたが、そもそも一体どんな家系の一族なのでしょうか?

以下が華麗なる三田一族の家系です。

・三田五三郎(三田芳裕のひいおじいちゃん)・・・『玄冶店 濱田家』の創業者
・三田三郎(長男)・・・割烹『三川家』経営
・三田定吉(次男)・・・割烹『富士屋』経営
・三田庄三郎(三男)・・・元・三田観光企業社長
・三田政吉(四男・三田友梨佳アナの祖父)・・・実業家で『明治座』の元・代表取締役会長。『玄冶店 濱田家』の二代目

三田友梨佳アナの父親・三田芳裕のひいおじいちゃんである三田五三郎が高級料亭『玄冶店 濱田家』を創業しその息子たちが、飲食店をはじめ手広く事業を展開していった様ですね。

創業者の三田五三郎が板前職人だったので、息子たちはその父親の背中をみて育ちいずれも飲食に携わる道にいったのでしょう。

『玄冶店 濱田家』の二代目・三田庄三郎は2006年に亡くなりましたが、葬儀を務めたのはなんと元東京都知事の”石原慎太郎”でっせ。

これだけで三田一族がかなり大きな影響力と人脈を持っている事が分かりますね。

実家の年商



✅気になる実家の事業の年商は、一体どれほどまでになるのでしょうか。

約22億円!!

明治座グループの純年商額は約22億円に上るとみられております。

明治座の運営による年商は70億になると言われており、料亭の経営との年商と合わせると、なんと100億円以上にもなるそうです。

尚、純資産額は、グループ全体で30億はくだらないと言われている様です。

凄すぎてよく分からない世界ですが、とにかくかなりの資産家である事は理解出来ます。

三田友梨佳アナの実家は芸能界の中でもかなりお金持ちの部類に入るのではないでしょうか。

後継者

ちなみに明治座の取締役に『三田光政』という方がいらっしゃいますが、この方は三田友梨佳アナのお兄さんです。

将来的には、社長になることを約束されていることでしょうね。

まとめ


三田友梨佳さんは公私共に順調な毎日を過ごしているようですが、今のところ仕事に力を入れるので妊娠の予定は内容ですね。
三田友梨佳さんの両親も素晴らしい職業をされているので、恵まれた環境で育ったのでしょう。
三田友梨佳さんは将来的に実家の料亭の女将として引き継ぐのか気になりますが、今のところはそのような気配もなさそうです。
しかし、三田友梨佳さんには姉がおり、名前も年齢も不詳ですが、もしかすると姉が女将になるのかもしれませんね。

Multi
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.