加山雄三の妻・松本めぐみは嫁の鏡!別居の裏にある夫婦の絆に感激!

Pocket

画像引用元:https://news.1242.com/article/209940

今回は、加山雄三松本めぐみについてお話しします。

加山雄三といえば『若大将』のあだ名で親しまれる国民的歌手です。

現在芸能活動を休止していますが、彼の妻である松本めぐみは彼を支え続けた素晴らしい人物だといわれています。

お二人は別居をしていましたが、実はその裏にはある感動的な理由が隠されていました。

加山雄三と妻・松本めぐみの夫婦の絆に迫ってみましょう。

この記事で分かる事
・加山雄三の妻・松本めぐみの人物像
・松本めぐみが「嫁の鏡」といわれる理由
・馴れ初めや夫婦仲、子供について

加山雄三の嫁・松本めぐみの人物像について

この投稿をInstagramで見る

幸田(@mkkm1026)がシェアした投稿

✅まずは、加山雄三の妻・松本めぐみの経歴やプロフィールからご紹介します。

以下が松本めぐみのプロフィールです。

プロフィール

・名前:松本めぐみ(本名:池端美恵子)

・生年月日:1947年2月9日

・出身地:大阪府

・職業:元女優

・学歴:日本音楽高等学校

加山雄三の妻・松本めぐみは1947年うまれということで2022年現在74歳です。

年齢的には加山雄三より10歳年下になります。

日本音楽高等学校出身で、1961年~1970年まで女優として活動していました。

加山雄三とは1970年に結婚しています。

こちらが松本めぐみの顔画像です。

すごく可愛らしいですね。

若い頃の画像ですが、当時かなり美少女として話題だったのではないでしょうか。

加山雄三のような男らしくてキリッとした男性とはお似合いだと思います。

経歴

✅続いて、松本めぐみの経歴についてお話しします。

松本めぐみは大阪府生まれですが、東京で育ちました

日本音楽高等学校在学中にCMソングコンテストに入選し、松下楽器のCMガールを担当することになり芸能界デビューを果たします。

1964年にはドラマ『七人の侍』や『さぼてん』など有名ドラマに多数出演し、東宝テレビ部との契約を結びました。

それ以降女優として様々な映画・テレビで活躍します。

松本めぐみの代表作といえばやはり、レギュラー出演していた『これが青春だ』でしょう。

まるでお人形のようなくりっとした瞳と陶器のような透明感ある肌で、老若男女問わず人気を博しました。

1970年の加山雄三との結婚を機に芸能界を引退しているので女優としてはかなり短命でしたが、なんといっても顔立ちが整っているので一度見たら印象に残りますよね。

昭和を代表する美人女優だったと思います。

加山雄三と嫁・松本めぐみの夫婦の絆

✅そんな松本めぐみですが、加山雄三との夫婦の絆がスゴいと話題になっています。

見るからにお似合いなお二人ですが、夫婦の絆がとても感動的なんだそうです。

ここからは、加山雄三と松本めぐみの夫婦仲について詳しくお話しします。

松本めぐみが模範的妻と言われる理由

✅加山雄三の妻である松本めぐみは、「嫁の鏡」「模範的妻」といわれています。

松本めぐみがここまで賞賛される理由はいくつかあるようです。

ここからは、「模範的妻」といわれる松本めぐみの内助の功ぶりに迫ってみましょう。

加山雄三の借金返済に尽力

✅松本めぐみが「嫁の鏡」といわれる理由一つ目ですが、まず加山雄三の借金返済に尽力したというものが挙げられます。

加山雄三は、松本めぐみとの結婚後に以下の二回にわたり多額の借金を背負っています。

・叔父が経営するホテルの連帯保証人だったが、ホテルが倒産して数十億円の負債

・1990年に開設したスキー場『加山キャプテンコースト』が大赤字で負債を抱え、自宅を売却

ホテルだけで数十億円で、さらに自宅を売却するほどの借金って想像しただけでも恐ろしいですね。

しかも、スキー場の借金返済のために売却した自宅はホテル倒産時の借金を完済した後に購入した豪邸だったそうです。

妻である松本めぐみは、これらの多額の借金返済に対してとにかく尽力したといいます。

ホテル倒産の際には1つの卵を二人で分け合って卵かけごはんにして食べていたなど、甲斐甲斐しいエピソードもあります。

そのおかげで、借金はなんとわずか10年で完済。

それ以外に細かいお金のやりくりも、きっと松本めぐみが積極的に管理してくれたのではないでしょうか。

10歳も年下なのに、よくできた奥さんですね。

加山雄三がトップスターであり続けられたのは松本めぐみのお陰

✅『若大将』の愛称で親しまれ長年トップスターとして活躍してきた加山雄三ですが、それも妻である松本めぐみのおかげだったようです。

加山雄三は、妻・松本めぐみに対して具体的に以下のようの感謝の言葉を述べています。

・松本めぐみがいなければ、今の自分はいない

・理屈や計算でなく本心で動いてくれる妻に感謝している

・15歳から芸能界入りして家族を支えてくれた自身の母親と妻・松本めぐみに重なる部分がある

・本来子供は8人いて4人流産してしまったものの、松本めぐみが自分の愛情に応えてくれようとしたことが嬉しかった

こうして加山雄三の松本めぐみに対する感謝の言葉を見ていると、本当に心の底から愛し合っている夫婦なんだなと感じます。

夫婦には様々な形がありますが、どんなときでもお互いを支え合えるお二人の関係は、まさに理想の夫婦像なのではないでしょうか。

別居の理由とその真意について

✅そんな加山雄三と松本めぐみですが、「別居している」という報道がありました。これは事実なのでしょうか?

結論から言うと、別居は事実ですが米国永住権である『グリーンカード』を取得するためであり、不仲によるものではないそうです。

一部報道では『卒婚』などといわれていましたが、決してそういうわけではないようですね。

お二人は実際に、別居していました。

松本めぐみがアメリカで、加山雄三が日本で暮らしていたのです。

加山雄三はアーティストであるため世界各国で仕事があるものの、収入がない松本めぐみは半年以上アメリカに滞在しなければ『米国永住権』である『グリーンカード』を保持できないというのです。

そのため松本めぐみはニューヨークで暮らし、加山雄三は時間があるときに通い夫をしていたとのこと。

松本めぐみは日本での確定申告の時期に帰国しますが、1年の半分以上をアメリカで過ごしてるそうです。

別居中は毎日電話するなど、かなり夫婦仲も良好でした。

また、松本めぐみが暮らす自宅は、ホテル倒産時の負債を返済しおえたタイミングで家計に余裕ができて購入したものなんだとか。

加山雄三は自身が事業に失敗したり借金を背負っているという負い目から、大々的にアメリカに家を買ったということを公表できなかったと語っています。

普通、夫婦仲が悪くなってたらいくら家計に余裕ができても海外に家を買うなんてしないですよね。

そのため、不仲になって別居したとか『卒婚』という報道はデマだったことが分かります。

加山雄三と嫁・松本めぐみの現在について

✅では、2022年現在加山雄三と松本めぐみの夫婦関係はどうなっているのでしょうか?

実は松本めぐみは、2020年8月に加山雄三が脳出血を起こしたタイミングで日本に帰国しているそうです。

119番に連絡したのも、松本めぐみだったのです。

そして、そのまま加山雄三と再び一緒に暮らし始めたといいます。

加山雄三は現在食事・掃除・洗濯など自立支援サービスがついた高齢者向け住宅・自立型ケアハウスで暮らし、妻である松本めぐみもそこで一緒に生活しています。

松本めぐみは今後もふたりで暮らしていくことを前提に帰国したようなので、お二人はこれからも日本で穏やかに暮らしていくことでしょう。

グリーンカードの保持が半年以上米国に滞在ということなので、松本めぐみは既にグリーンカードを取得できているのではないかと思います。

それでも日本に戻ってきて一緒に暮らすなんて、本当に固い絆で結ばれた夫婦なんですね。

加山雄三と嫁・松本めぐみの馴れ初め~結婚まで

✅ここからは、お二人の馴れ初めや結婚に至る経緯についてお話しします。

芸能界きってのおしどり夫婦である加山雄三と松本めぐみですが、どのようにして出会い、どのようにして結婚に至ったのでしょうか。

ここからは、馴れ初め、結婚の決め手、結婚式の詳細などをお話しします。

馴れ初め

✅まずは、馴れ初めからお話しします。

お二人は1965年に映画『エレキの若大将』で共演しています。

この共演をきっかけに親しくなり、加山雄三と松本めぐみは船上デートをすることになりました。

女性は船酔いしやすいという理由から船上デートをためらっていた加山雄三にとって、松本めぐみは初めて自身の船に乗った女性だそうです。

しかも松本めぐみは、船酔いするどころか船の上で編み物を始めたといいます。

そんな堂々とした松本めぐみに加山雄三が一目惚れするかたちで、交際がスタートしました。

船を持っているという加山雄三のハイスペックぶりにも驚きますが、船の上で編み物を始める松本めぐみの肝の据わり方にも驚きますね。

いつまでも記憶に残る初デートだったことでしょう。

結婚の決め手

✅続いて、お二人の結婚の決め手についてお話しします。

詳しい結婚の決め手は不明となっていますが、ロケでローマを訪れていた加山雄三は国際電話で松本めぐみに対して「結婚すっか!」とストレートなプロポーズをしたそうです。

交際していく中で、松本めぐみの器の大きさや優しさを加山雄三も痛感していたのではないでしょうか。

その後出会いから5年経った1970年9月に、結婚式を挙げて見事ゴールインしました。

結婚式

✅加山雄三と松本めぐみは、1970年9月にロサンゼルスで結婚式を挙げています。

1970年に叔父が経営するホテルが倒産した際に、マスコミを逃れるために一時的にアメリカ・ロサンゼルスへ避難していた加山雄三。

このときひっそりと松本めぐみと落ち合い、現地でささやかな結婚式を挙げたそうです。

その後1か月半して二人そろって帰国しホテル倒産について記者会見を開きますが、騒動のさなかに渡米して勝手に帰国したことで報道陣からは野次ばかり飛んだといいます。

そんな風に周りに蔑まれながらも、何十年も夫婦生活を続けるなんてスゴいですね。

よほどお互いを信頼し合っていないとできないでしょう。

加山雄三と松本めぐみの子供について

✅では、お二人の間に子供はいるのでしょうか?

松本めぐみと加山雄三の間には、4人の子供がいます。

子供の詳細は以下の通りです。

・長男…名前:池端信宏(いけばた のぶひろ) 生年月日:1972年 職業:作曲家・実業家・花火演出家

・次男…名前:加山徹(かやま てつ) 生年月日:1975年8月8日 職業:舞台俳優

・長女…梓真悠子(あずさ まゆこ) 生年月日:1976年7月26日 職業:女優・タレント・料理研究家

・次女…池端えみ(いけはた えみ) 生年月日:1978年3月28日 職業:女優

加山雄三に4人も子供がいたなんて驚きですね。

しかも全員芸能界で活躍しています。

それぞれの顔画像を見てみましょう。

長男はこちら。

次男はこちら。

長女はこちら。

次女はこちら。

みんな美男美女ですね!

長男は2016年のリオ五輪閉会式の花火演出を担当し、次男は『相棒』『水戸黄門』などに俳優として出演。

長女は大学時代のスカウトを経て大河ドラマで女優デビューし、その後料理研究家としても活躍。

次女は外国人男性と結婚しニューヨークに移住し演技を学んで女優デビューを果たしています。

まさに芸能一家ですが、誰も七光りではないところに加山家のまっすぐな血筋を感じます。

今後もそれぞれのジャンルで頑張ってほしいですね。

加山雄三の妻について世間の声は?

✅では、加山雄三の妻・松本めぐみについて世間の皆さんはどう思っているのでしょうか?

Twitterの意見をご紹介します。

お二人の夫婦仲に感動するファンが多数いるようです。

また、ナベプロ映画で共演するお二人に言及する声も挙がっていました。

加山雄三と松本めぐみは、誰がみてもお似合いの素敵な夫婦なんですね。

まとめ

今回は、加山雄三の妻についてお話ししました。

要点をまとめます。

加山雄三の妻について まとめ

・妻は元女優の松本めぐみ。加山雄三より10歳年下
・借金返済時など加山雄三を全力で支えてきた嫁の鏡
・別居していたが、米国永住権取得のためで不仲が原因ではない。現在は同居中
・馴れ初めはドラマでの共演
・子供は4人いる

加山雄三がこんなにきれいな女性と結婚していたなんて、驚きでした。

紆余曲折あったようですが、どんなときもそばで支えてくれた松本めぐみはまさに模範的妻ですね。

今後も4人の子供と共に、穏やかで明るい夫婦でいてほしいです。

Multi
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.