別居しても離婚の可能性ナシ!上沼恵美子が旦那・上沼真平と離婚しない本当の理由!

Pocket

画像引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/742c2fdb1e7d020c1163fcb191043ceae13d7ac7

気さくなキャラクターでお笑い界を牽引する上沼恵美子ですが、旦那上沼真平と長年別居しているにも関わらず離婚する可能性はかなり低いようです。

上沼恵美子はなぜ別居という選択をしながら、旦那との離婚を決意しないのでしょうか?

そこで、上沼恵美子が旦那と離婚しない理由や、馴れ初め、旦那の人物像について詳しくお話しします。

この記事で分かる事
・上沼恵美子が離婚しない理由
・旦那の人物像や馴れ初め

別居しても離婚しない理由

✅結婚45年を迎える上沼恵美子は、現在旦那・上沼真平と別居生活を送っています。

別居しているにも関わらず、上沼恵美子は旦那・上沼真平と離婚する可能性はゼロのようです。

お二人が離婚を選択しない理由には、以下のようなものが挙げられます。

・夫婦のちょうど良い距離感
・離婚自体が面倒くさい

上沼恵美子と旦那が離婚しない理由を、一つずつ確認していきましょう。

夫婦のちょうど良い距離感

✅上沼恵美子と旦那・上沼真平は2017年頃から別居をして週末婚状態になっています。

5年前の2017年、亭主関白な旦那に嫌気がさした上沼恵美子は旦那に離婚を切り出しましたが、話し合いの末離婚せず別居という形をとりました。

当時上沼恵美子は旦那のことを邪魔くさいと思っていましたが、旦那が家から車で10分離れたマンションに暮らすようになり、ほど良い距離感を保てるようになって逆に夫婦仲がすごく良くなったそうです。

現在は週末だけ旦那が上沼恵美子の自宅に食事をしに来て一泊してかえっていく生活を続けています。

上沼恵美子と旦那・上沼真平は離婚危機こそありましたが、愛がなくなったわけではなく適度な距離感が必要だっただけなのでしょう。

そのため、現在の週末婚別居状態を続けていれば離婚の可能性はきわめて低いと思われます。

離婚自体が面倒くさい

✅また、上沼恵美子と旦那が離婚しない理由として、離婚自体が面倒くさいというものも挙げられます。

別居生活という独特の夫婦関係に、週刊誌からは「なぜ離婚しないんですか」と質問が来ましたが、それに対して上沼恵美子は「面倒くさいから」と答えています。

上沼恵美子と旦那・上沼真平は40年も夫婦生活を続けているため、書類の内容や手続きがかなり多く、それがお互い面倒くさいそうです。

そのため、お互い離婚に対して知らん顔をしてずるずる夫婦生活を続けることになってしまい、別居・週末婚という形になりました。

結果的に現在の週末婚スタイルは上沼恵美子と旦那・上沼真平にとってベストな状態となっているので、惰性とはいえ離婚を選択しなかったのも正解といえるでしょう。

上沼真平の人物像

✅続いて、上沼真平の人物像に迫ります。

上沼恵美子の旦那・上沼真平のプロフィールは以下の通りです。

名前:上沼真平(かみぬま しんぺい)

生年月日:1947年1月(日付不明)

出身地:大阪府八尾市

学歴:関西学院大学

職業:元テレビプロデューサー・ディレクター

上沼恵美子の旦那・上沼真平は1947年1月うまれということで2022現在年齢は65歳。仕事は元テレビプロデューサー・ディレクターです。

出身地は大阪府で、最終学歴は関西学院大学です。

上沼真平が進学した関西学院大学は、関関同立といって関西で優秀な私立大学トップ4にランクインする学校です。

学歴的には申し分ないエリートといえるでしょう。

関西学院大学卒業後、1969年には関西テレビへ入社し、当初は営業部に配属されますがその後制作部へ異動し、ディレクター・プロデューサーとして活躍。

その後関西テレビ系列の常務取締役制作局長やメディアプルボの代表取締役会長を務めるなど、仕事面でも華々しい経歴を持っています。

2008年1月、61歳のときにメディアプルボの会長職を退任したことをきっかけに、関西テレビも退職して現在はリタイア生活を送っているようです。

現在はおそらく年金と上沼恵美子の収入で生活しているのだと思われますが、当時の上沼真平の年収は1,500万円~2,000万円程度といわれています。

上沼真平の画像はこちらです。

画像引用元:https://ecdeaf.com/kaminumaemiko-danna

大坂のお笑い界のカリスマである上沼恵美子の旦那にふさわしい、華やかな経歴の持ち主ですね。

馴れ初め~結婚

✅では、上沼恵美子と旦那・上沼真平の馴れ初めや結婚に至るまでの経緯はどのようなものだったのでしょうか?

ここからは、上沼恵美子と旦那・上沼真平の馴れ初めや結婚に至った理由などを詳しくお話しします。

馴れ初め

✅まずは、馴れ初めからお話しします。

上沼真平は関西テレビの人気番組『日曜ドキドキパンチ』でディレクターを務めていましたが、この番組で上沼恵美子と仕事をしたことで距離が縮まり、交際に至ったそうです。

好きになったポイント&結婚の決め手

✅では、上沼恵美子と旦那はお互いのどんなところに惹かれて結婚に至ったのでしょうか?

上沼恵美子は、旦那との別居について語った際に「好きで結婚してもらった」とコメントしています。

このことから、上沼恵美子が旦那に惚れ込んで結婚に至ったのではないかと予想できます。

また、交際当時上沼恵美子は周囲から「真平さんは気難しそう」と、上沼真平は周囲から「芸人と恋愛するなんて」と結婚を反対されていたそうです。

このことから、交際当初は上沼恵美子が旦那に好意を持っていたようですが、最終的に周囲の反対を押し切るほどお互い惹かれ合って結婚したことが分かりますね。

プロポーズ

✅続いて、上沼恵美子が旦那にどんなプロポーズをされたかお話しします。

結論から言うと、上沼恵美子は旦那に正式なプロポーズをされていません。

しかし、上沼真平が自身の親族の墓参りに上沼恵美子を連れていき、それが結婚に至った理由だったことを上沼恵美子自身が語っています。

上沼恵美子がお墓を綺麗に掃除する姿を交際中の上沼真平が嬉しそうに見ていたらしく、上沼恵美子は「これプロポーズなんじゃないかな」と思ったそう。

結果として、上沼恵美子と上沼真平は1977年に結婚します。

こちらが結婚発表の際の画像です。

画像引用元:https://gachimon.com/kaminumaemiko-danna/

旦那は「結婚してください」と言わなかったものの、お墓参りに上沼恵美子と連れていくことで間接的にプロポーズしていたのでしょう。

世間の声

✅では、世間の皆さんは上沼恵美子と旦那に対して世間の皆さんはどう思っているのでしょうか?

Twitterでの意見を確認しましょう。



旦那に離婚を提案したことを賛同する意見や、あえて離婚を選ばなかった上沼恵美子を尊敬するような意見が見うけられました。

やはり上沼恵美子のサバサバとした選択肢に、多くの人が驚きつつもリスペクトの念を抱いているようです。

まとめ

今回は、上沼恵美子の旦那についてお話ししました。

要点をまとめます。

・上沼恵美子が旦那と離婚しない理由は、旦那との程よい距離感が保てるようになったことと離婚自体が面倒くさいから
・旦那は元関西テレビプロデューサー・ディレクターの上沼真平
・二人の出会いは一緒に仕事をしたことから、1977年に結婚

上沼恵美子が旦那と離婚をしない理由を見て、夫婦にはそれぞれの形があり、そのうえでお互いが快適であれば生活を共にしないというのもアリなんだなと気付かされました。

今後も離婚の可能性は低いと思われますので、上沼恵美子と旦那の週末婚生活を応援したいですね。

Multi
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.