羽鳥慎一の妻・渡辺千穂は年収〇千万の脚本家!元嫁との本当の離婚理由とは?

Pocket

画像引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/0bca35f4e548b4c66c40943147aedfe1cb3de9dc

男性アナウンサーの中でも長きにわたり人気の高い羽鳥慎一

そんな羽鳥慎一のは脚本家で、かなりの売れっ子のようです。

一体どんな人物なのでしょうか?

また、羽鳥慎一はバツイチということで元嫁の人物像や離婚理由も気になります。

そこで、羽鳥慎一の妻の人物像や元嫁の人物像、離婚理由にクローズアップしていこうと思います。

スポンサーリンク

この記事で分かる事
・羽鳥慎一の妻の人物像
・元嫁との離婚理由
・羽鳥慎一の元嫁の人物像

羽鳥慎一の妻・渡辺千穂の人物像

この投稿をInstagramで見る

GOETHE[ゲーテ](@goethe_magazine)がシェアした投稿

✅まずは、羽鳥慎一の妻の人物像を確認します。

妻の名前は渡辺千穂というそうです。

以下が、渡辺千穂のプロフィールです。

プロフィール

・名前:渡辺千穂(わたなべ ちほ)

・生年月日:1972年10月18日

・出身地:東京都

・職業:脚本家

・学歴:四年制大学出身(大学名は不明)

渡辺千穂は1972年10月うまれということで、羽鳥慎一より1歳年下です。

出身は東京都で、OLを経て現在脚本家として活躍しています。

学歴は四年制大学出身であることは判明していますが、学校名は不明となっています。

こちらが渡辺千穂の顔画像です。

とても綺麗な方ですね!

経歴

✅続いて、渡辺千穂の経歴をご紹介します。

2000年にOLから脚本家に転身した渡辺千穂は、2002年にテレビドラマ『天体観測』で脚本家デビューを果たします。

その後もコメディ、恋愛ドラマと数多くの作品を手掛け、2014年8月に羽鳥慎一と入籍します。

2016年に『べっぴんさん』の制作発表で臨月であることを明かし、同年1月下旬に第一子を出産。

羽鳥慎一との交際期間は約2年間だったようです。

職業

✅渡辺千穂の職業にクローズアップしてみましょう。

2022年現在、渡辺千穂は脚本家として活動しています。

なぜ脚本家になったのか、また脚本家としての実績はどのようなものがあるのか詳しく確認していきます。

職業についたきっかけ

✅まずは脚本家になったきっかけについてお話しします。

渡辺千穂はOLとして企業に勤務していましたが、もともと本が好きで「何かを書きたい」と思っていたそうです。

そして、書店に並ぶ『ふぞろいの林檎たち』のシナリオ本を手本に脚本家を志すことを決意しました。

デビュー前に作成した脚本がテレビ局のプロデューサーの目に留まり、2002年にテレビドラマ『天体観測』でついに脚本家デビューを果たします。

「なにかを書きたい」という単純な動機でとんとん拍子でデビューが決まるなんて、もともと文才やセンスがあったんでしょうね。

仕事の実績

✅渡辺千穂の脚本家としての実績はどのようなものがあるのでしょうか?

以下が、渡辺千穂が手掛けた主な作品です。

・『泣かないと決めた日』

・『名前をなくした女神』

・『サキ』

・『ファーストクラス』

・『べっぴんさん』

・『赤い糸』

・『レインツリーの国』

・『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』

2010年の『泣かないと決めた日』では女性同士の職場トラブルや人間関係をリアルに描き、注目を集めます。

そして2014年の『ファーストクラス』では女性同士のマウンティングを描き話題を呼び、複数の登場人物を1つの物語の構成要素として書き分ける手腕が高く評価されました。

「凛とした気品を感じた」と評され、2016年にはNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』の脚本も担当することとなります。

業界でも高い評価を得ているようですね。

仕事に対しての世間の評価

✅渡辺千穂の仕事に対して、世間の皆さんはどう思っているのでしょうか?

賛否両論ありますが、「女性同士のドロドロ描写がとても上手い」という肯定的な意見のほうが多いです。

『名前をなくした女神』なんかは私もとても好きな作品なので、やはり渡辺千穂には人を惹きつける文才があるのだと思います。

羽鳥慎一と妻・渡辺千穂の馴れ初め~結婚

この投稿をInstagramで見る

讃井 勝彦(@katsuhikosanui)がシェアした投稿


✅続いて、渡辺千穂と羽鳥慎一の出会いから結婚に至るまでをお話しします。

お二人はどのようにして出会い、結婚に至ったのでしょうか?

馴れ初め

✅まずは、お二人の馴れ初めからお話しします。

お二人の馴れ初めは、2012年8月に所属事務所主催の食事会がきっかけでした。

羽鳥慎一はこの食事会で渡辺千穂を紹介され、同年11月に交際をスタートさせたようです。

事務所が食事会を主催することもあるんですね。なんだか珍しいパターンのように感じました。

結婚の決め手

✅続いて、結婚の決め手を確認してみましょう。

お二人の結婚の決め手については詳しく明かされていませんが、羽鳥慎一は渡辺千穂の仕事に邁進する前向きな姿勢をとても尊敬しているそうです。

人間としてリスペクトし、高め合っていける相手だと思ったことが結婚の決め手だったのかもしれません。

一緒になるならば、共に前に向かって歩める人が良いですもんね。

スポンサーリンク

羽鳥慎一と元妻・栗原冬子との離婚理由

この投稿をInstagramで見る

君しか勝たん🐯(@tohoku25)がシェアした投稿

✅そんな羽鳥慎一ですが、実はバツイチでした。

羽鳥慎一は2012年5月2日に、元妻・栗原冬子との離婚を発表しています。

お二人は1996年に結婚していました。

なぜ羽鳥慎一と栗原冬子は離婚してしまったのでしょうか?

元嫁の人物像や、離婚理由について詳しくお話しします。

離婚理由

✅まずは、羽鳥慎一と栗原冬子の離婚理由についてお話しします。

お二人の離婚理由は、主に以下のようなものが挙げられます。

・お互いのライフスタイルの変化によるすれ違い

・不倫スキャンダル

・羽鳥慎一がケチで束縛する性格だった

すれ違い

結婚生活は約16年と長めでしたが、羽鳥慎一がフリーアナウンサーになったことで家族と過ごす時間が減ったとか、栗原冬子の仕事が軌道にのってすれ違いが増えたというのが離婚理由として一番大きいと思われます。

離婚を切り出したのは羽鳥慎一からで、栗原冬子もそれに素直に応じたということで円満離婚だったのでしょうね。

不倫スキャンダル

また、羽鳥慎一は栗原冬子との離婚成立前に渡辺千穂とツーショットをスクープされています。

しかし、公表されている交際スタート時期より前のものなので、真相は闇の中。

おそらく事務所の圧力が働いたのだと思いますが、倫騒動に関しては事実が分かりかねるので、ここでは離婚理由として一番可能性が薄いということにしておきましょう。

ケチ&束縛

最後の離婚理由として、羽鳥慎一がケチで束縛するタイプだったというものも挙げられます。

羽鳥慎一は栗原冬子の携帯をチェックしたり、クレジットカードを一切使わせずレシートの金額を見てレシート分の代金を渡すなど、異様な束縛・ケチっぷりがあったようです。

しかし、円満離婚しているところを見ると、仮に羽鳥慎一がケチでも喧嘩をしたとか口論になったというのはありえないように思います。

ライフスタイルによるすれ違いや価値観の変化が、離婚の大きな理由だったのではないでしょうか。

人物像

✅続いて、栗原冬子の人物像に迫りましょう。

以下が栗原冬子のプロフィールです。

プロフィール

・名前:栗原冬子(くりはら ふゆこ)

・生年月日:1971年12月22日

・出身地:埼玉県

・職業:公益社団法人日本アロマ環境協会理事

・学歴:青山学院大学出身

元嫁の栗原冬子は、羽鳥慎一と同い年です。

埼玉県出身で、現在は公益社団法人日本アロマ環境協会理事を務めています。

顔画像はこちらになります。

年齢を感じさせない、綺麗な方ですね!

経歴

✅では、栗原冬子はどんな経歴の持ち主なのでしょうか。

栗原冬子は、15歳のときに芸能界入りを果たし、80年代後半~90年代前半にかけてCMやクイズ番組に出演していました。

1989年には『LOST LOVE』でCDデビューも果たします。

1994年には全日空国際線客室乗務員となり、2002年に退社すると2012年からは公益社団法人日本アロマ環境協会理事に就任しました。

その後2013年にはオリジナルブラドFYKを設立。

インナービューティサロンの立ち上げなども果たし、見事独立に成功しました。

羽鳥慎一と結婚したのは、CA時代の1996年のことです。

経歴を見ると、とても行動力がある女性であることが分かりますね。

職業

✅ここからは、栗原冬子の職業についてお話しします。

栗原冬子が現在の仕事に就いたきっかけや、仕事の実績を確認しましょう。

職業についたきっかけ

✅まずは、栗原冬子が現在の仕事に就いたきっかけについてお話しします。

もともと栗原冬子は、CA時代からアロマテラピーに興味があったようです。

2002年にCAを退社指定から、2012年に公益社団法人日本アロマ環境協会理事に就任しました。

その後アロマセラピーインストラクターやライフスタイルデザイナーとして活動を開始します。

一見共通点がないように見えるCAとアロマですが、どちらも美意識が高くないと務まらない仕事ですよね。

仕事の実績

✅栗原冬子の仕事の実績を確認していきます。

日本アロマ環境協会理事に就任後、栗原冬子は独立し、オリジナルブランドFYKやオリジナルアクティビティYogaromaを立ち上げ、銀座にインナービューティーサロンをオープンさせるなど事業を展開しています。

現在は企業や税務署、保健センター、公立小学校などで食育・健康・呼吸法における公演なども行っているようです。

ヨガやピラティスインストラクターとして、イベントに出演することもあります。

離婚後も精力的に活動しているようなので、経済的な不安はなさそうですね。

仕事に対しての世間の評価

✅では、栗原冬子の仕事について世間の皆さんはどう思っているのでしょうか?

Twitterでの意見を確認していきます。

実際にイベントに参加した方が「素敵だった」「最高だった」と温かい意見を述べていました。

特に女性からの支持がかなり高いようですね。

馴れ初め

✅羽鳥慎一との馴れ初めは、どんなものだったのでしょうか?

お二人の出会いは、就職活動中のアナウンサー試験だったようです。

そこで羽鳥慎一が声をかけて意気投合し、交際に至ったのだとか。

交際後羽鳥慎一の日本テレビ入社2年目に結婚することになったそうです。

出会いのきっかけは簡単に言えばナンパですが、羽鳥慎一の普段のイメージとは真逆で面白いですね。

まとめ

今回は、羽鳥慎一の妻と元妻についてお話ししました。

要点をまとめます。

羽鳥慎一の妻・元妻について まとめ

・妻の名前は渡辺千穂で脚本家
・羽鳥慎一と元妻との離婚理由は、ライフスタイルの違いによるすれ違いや価値観のズレだが円満離婚
・元嫁はの名前は栗原冬子
・芸能活動をしていた過去があり、現在アロマセラピストやインストラクターとして活動中

羽鳥慎一がバツイチだったのはちょっと意外でしたが、円満離婚だったようなので安心しました。

現在の妻ともとてもいい関係を築いているようなので、今後も仲良し夫婦でいてほしいですね。

羽鳥慎一のこれからを応援しましょう。

スポンサーリンク

ifのディスプレイ広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.