原辰徳の息子・原嘉宏の逮捕説はガセネタ!現在は、青年実業家として活躍!

Pocket

画像引用元:https://www.sankei.com/article/20200911-AMTBIY2WTZL3RPCAV6LHWGN7YY/

今回は、原辰徳息子についてお話しします。

原辰徳には原嘉宏という息子がいますが、実は息子に逮捕説が浮上しているそうです。

逮捕説はデマだといわれていますが、なぜこのような噂が浮上してしまったのでしょうか?

現在青年実業家として活動しているという原嘉宏の人物像や逮捕説の真相に迫ります。

この記事で分かる事

スポンサーリンク

・原辰徳の逮捕説の真相や逮捕説浮上の原因
・息子の人物像
・1億円事件との因果関係

原辰徳の息子・原嘉宏の逮捕説がガセネタである理由

この投稿をInstagramで見る

Koji Uehara(@koji19uehara)がシェアした投稿



✅さっそく、原嘉宏の逮捕説の真相についてお話しします。

結論から言うと、原嘉宏の逮捕説はガセネタです。

原嘉宏は2022年4月現在、何か罪を犯したとか逮捕されたという事実は一切ありません。

なぜこんな噂が流れてしまったのでしょうか?

逮捕説浮上の原因や、現在の原嘉宏の生活を確認してみましょう。

逮捕説浮上の原因

✅原嘉宏に逮捕説が浮上した原因を見ていきましょう。

まず、原嘉宏は2018年5月に薬〇取締役課によって家宅捜査をされています。

しかし、原嘉宏がク〇リを所持していた・やっていたという事実は全くありませんでした。

完全にシロです。

このエピソードが逮捕説浮上の発端だと思われます。

そもそも原嘉宏がなぜ薬〇疑惑を持ち掛けられたのかというと、薬〇所持でつかまった高部あいとの交流を噂されたからです。

高部あいは赤西仁や山下智久、錦戸亮など派手な遊び方をする人気タレントが集まった、六本木界隈で有名な『赤西軍団』に所属しており、原嘉宏自身も赤西軍団の一員だったため、「つるんでク〇リをやっているのではないか」と疑惑が浮上したのでしょう。

しかし、繰り返し言いますが原嘉宏が薬〇をやっていたというのはガセネタです。

どんな交友関係を築いても自由ですが、やはり悪目立ちする人々とつるんでいると疑惑の目は向けられがちなんですね。

原嘉宏の場合、逮捕説は完全に飛び火だったといえます。

原嘉宏の現在

✅では、現在原嘉宏はどんな生活をしているのでしょうか?

原嘉宏は現在、麻布十番で『嘉YOSHI』という飲食店を経営する青年実業家として生活しています。

『嘉YOSHI』は割烹フレンチのお店なんだそうです。

お店のこだわりとして旬の食材を取り入れ、2週間に一度メニューを入れ替えるなど飽きさせない工夫もされています。

お店が開店した日には、たくさんの花が送られ、多くの人に愛されているようです。

ジャイアンツファンの接待などにもおすすめできそうですね。

原嘉宏の人物像

この投稿をInstagramで見る

りよ(@riotto24184624)がシェアした投稿

✅続いて、原嘉宏の人物像を見ていきましょう。

経歴や学歴など、詳しくご紹介します。

学歴・経歴

✅原嘉宏の経歴・学歴について詳しくお話しします。

以下が、原嘉宏のプロフィールです。

名前:原嘉宏

生年月日:1988年3月25日

出身地:東京都

学歴:慶應義塾大学中退

職業:飲食店経営者

原嘉宏は、1988年うまれということで2022年現在34歳です。

慶應義塾大学に進学しますが中退しています。

大学時代は遊び人でクラブで遊び放題という生活をしていたために中退となってしまったそうです。

大学を中退してからは、秋元康・窪田康志・芝幸太郎らのプロダクション・AKSに勤務していたようですが、無断遅刻や無断欠勤を繰り返しクビとなってしまいます。

そして原辰徳の出資により自身の仲間とともにワインの輸入などを手掛ける会社『株式会社MAMIRO』を起業して取締役となりました。

過去には原辰徳のコネを駆使してフジテレビに入社しようとするも内定取り消しになるなどの騒動もありましたが、現在は青年実業家として飲食店経営に精を出しているようです。

顔画像はこちらです。

たしかに、ちょっとチャラく見えますね。

でも気さくで親しみやすい雰囲気もするので、客商売でもある飲食店経営には向いていると思います。お客さんからも愛されているのでしょうね。

スポンサーリンク

原辰徳の教育方針

この投稿をInstagramで見る

水野雄仁 KATSUHITO MIZUNO(@mizuno_.71)がシェアした投稿

✅自由奔放な印象の原嘉宏ですが、そこには原辰徳の教育方針が関係していたようです。

原辰徳はどんな教育方針で息子を育てたのでしょうか?

実は原辰徳は、息子に対して「極端な甘やかし」と「極端な厳しさ」という真逆の二面性をもて接してきました。

甘やかしについてはお小遣いを800万円渡したり、コネで入社させようとしたり、企業出資をするなどかなり極端で、その一方で巨人の監督としての激しい厳しさが家庭内で原嘉宏に向いてしまうなど、かなりアンバランスな子育てをしてきたようです。

ただ厳しさに関しては巨人の規律の影響なので、原辰徳の本心ではなかったかもしれません。

それでも「甘やかす→厳しくする→甘やかす→厳しくする」を繰り返したせいで息子がわがままで自分勝手な性格に育ってしまった可能性は否めません。

子供に自立を促すには、子育ての軸をハッキリさせて自分の気分や子供の機嫌に左右されないことが大事なのでしょう。

紆余曲折ありましたが、息子が経営するお店は結構愛されているようなので結果オーライということにしておきましょう。

原辰徳の息子と1億円恐喝事件の因果関係

✅そんな原嘉宏ですが、原辰徳の1億円事件と因果関係がある?という噂も浮上しています。

原辰徳の1億円事件とはそもそも何なのでしょうか?

実は原辰徳は、松本明子と結婚していた1988年にアルバイト女性と不倫関係にあったそうです。

そしてその女性は妊娠してしまったのですが、原辰徳が認知せず子供をおろすことになってしまいました。

憤慨した女性は、原辰徳との関係を綴った日記を黒い業界に売り、ユスりをかけられた原辰徳は日記を世間に出されないよう1億円支払ったといわれています。

この「1億円事件」がなぜ息子と因果関係があるかというと、高部あいが逮捕されたタイミングと原辰徳が監督を辞任したタイミングが同じだったからだそう。

「高部あいに続いて息子が逮捕され、写真・日記が流出するのを恐れて辞任したのでは?」という憶測が飛び交ったようです。

しかし、実際にこの事件と監督辞任のタイミングが重なったのが関係あるかは不明です。

そもそも息子は逮捕されていないですし、たまたま同じタイミングだっただけなのではないでしょうか。

現在でも何の影響もなく息子がお店を経営しているところを見ると、原辰徳がユスりをかけられていたこと自体デマだったのではないかと疑ってしまいますね。噂程度に思っておいたほうがいいかもしれません。

原辰徳の息子について世間の声は?

✅では、原辰徳の息子について世間の皆さんはどう思っているのでしょうか?

Twitterでの意見を確認していきましょう。

やはり自由奔放な原嘉宏に言及する意見が多数見受けられました。

典型的なおぼっちゃまですが、どことなく憎めないのはやはりあの原辰徳の息子だからでしょうか。

今後もお店の経営を頑張ってほしいですね。

まとめ

今回は、原辰徳の息子についてお話ししました。

要点をまとめます。

・原嘉宏の逮捕説はガセ。高部あいや赤西仁らと交流があったことから逮捕説が浮上

・現在は飲食店経営の青年実業家

・1億円事件と息子に因果関係があるかは不明

原辰徳の息子が飲食店を経営していたなんて初めて知りました。

若い頃は結構派手に遊んでいたようですが、今はお店も順調に繁盛しているようで安心しました。

原辰徳も安心しているでしょう。

今後も原辰徳・原嘉宏親子を応援しましょう。

スポンサーリンク

ifのディスプレイ広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.