古田新太が若い頃に刺された事件の実情がエグイ!破天荒な生き様に絶賛の声続出!

Pocket

今回は、俳優の古田新太若い頃に関する話題をお届けします。

舞台出身の大御所俳優として舞台に映画に引っ張りだこの古田新太ですが、実は昔はイケメンでモテモテだっただとか!!
アルコール依存症との噂もありますが、過去に事件にも巻き込まれるほど破天荒な人生というのは本当なんでしょうか?

という事で、気になる昔の画像とあわせて詳しくお話していこうと思います。

この記事で分かる事

・古田新太の殺傷事件の真相

・古田新太の若い頃の画像

スポンサーリンク

・大御所俳優になるまで

古田新太の若い頃の殺傷事件の真相

この投稿をInstagramで見る

BOW(@bowgegegay)がシェアした投稿



✅古田新太はなんと若い頃に殺傷事件に巻き込まれたというのは本当なんでしょうか!!!???

真相を一緒に見ていきましょう!!!

刺された理由

古田新太が刺された原因は、
なんと痴情のもつれが原因だそうです!!!

若い頃から実はモテモテで有名な古田新太。

女性関係の武勇伝は後程紹介しますが、なんとある女性と別れ話をした際に話がもつれて刺されてしまったというのです。

ファンの間では有名な話のようですね。

今では本人も笑い話にしていますが、どれだけ遊んでたんだ!と言いたくなるエピソード。
モテてモテて大変だった・・というのは本当のようです!!

スケこましの武勇伝

そして刺されたエピソードの他にも、
モテまくりだったエピソードはまだまだあるんです!!!

順番に見ていきましょう!!

6股をしていた

✅古田新太は同時に何人もの女の子を付き合っていたというのは本当なんでしょうか!!!????

結論なんと最高で6股をしていたことを明かしているんです!!!!

なんといっても人気劇団「劇団新感線」の看板俳優だった古田新太。

劇団員に手を出しまくっていたことも自ら明かしています。

また、なんとファンにも手を出していたそうです。

稽古帰り、出待ちをしているファンの女の子のなかに可愛い子がいれば、その子の手を引いて夜の街に消えていく・・といったことも日常茶飯事だったのだとか。

そのため「ひとさらいの新太」とも呼ばれていたそうですね!

凄まじいモテエピソードですね!!
全盛期の古田新太を見てみたいものです。

久本雅美とのお泊まり

この投稿をInstagramで見る

北原 亮庫(@rk0107)がシェアした投稿

そしてなんと古田新太は
久本雅美とお泊りをしたこともあるのだとか!!???

そのエピソードについて、ラジオでこう語っていました。

ある日飲んだ帰りに、店から自宅まで距離のある久本が「帰りの金がないなぁ」と漏らしたことで「じゃ、この辺のラブホテルに泊まりましょうよ」と提案したというのだ。引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/Menscyzo_7141/?p=2

実際に泊まっただけで、男女の関係にはならなかったそうですが・・・。
古田新太が誘い上手であることが良くわかるエピソードです。

このように、タイミングを逃さずさらっと女性を誘えるテクニックがモテる秘訣なんでしょうね・・!!!
なんだかだんだんかっこよく思えてきました!!

現在も女遊びをしている

過去に女遊びをしまくっていた古田新太ですが、
なんと現在も女遊びは継続中なんです!!!

その遊びっぷりはたびたび週刊誌にキャッチされるほど。

2011年の5月にもこんな様子がキャッチされ世間を騒がせました。

世田谷区の大通りを歩いていた二人、古田はかなり酔っぱらっているようで足がフラフラ。そんな泥酔状態で彼女を後ろから抱き寄せ、胸元をまさぐるように手を動かして、人目も気にせず「ブチュ~ッと唇を重ねた」引用元:https://www.excite.co.jp/news/article/Menscyzo_7141/

その後、2人は世田谷の住宅街に消えていったのだとか・・。

元アイドルと結婚し既婚者の古田新太ですから、これは完全に不倫ですね。
ですが元々の破天荒エピソードの多さゆえか、全く炎上はしませんでした。

今や消えつつある昭和の俳優を体現しているかのような古田新太。
ここまでくると生涯女遊びを貫いて欲しいですね!!

古田新太の若い頃のイケメン画像

この投稿をInstagramで見る

おおせ昭二(@arasepig)がシェアした投稿

スポンサーリンク

✅では、気になる古田新太の若い頃はイケメンだったのでしょうか!!!????

気になる画像はこちら。

これは文句なしのイケメンですね!!

その他にもこんな画像も。

俳優の高橋一生に似てますね!!
他にもジャニーズの山田涼介に似ているという意見もあったりします。

どちらにせよ、これで演劇のセンスも天才的・・・となればモテるのは当たり前ですね。
かなり今の古田新太と振り幅がありすぎて驚きますね!

古田新太が大御所俳優になるまでの経緯・経歴

この投稿をInstagramで見る

中村嘉昭(@yoshiaki_nakamura_75)がシェアした投稿

✅では、古田新太がどのようにして現在の大御所俳優になったのか振り返ってみましょう!!!

俳優を志したきっかけ

古田新太が俳優を志したのは、
実は小学校の行事でミュージカルを観たこときっかけなんです!!!

テレビの番組でこう語っていました。

小学生の頃はジャイアント馬場やKISSに憧れたが、あるとき、ミュージカルを見た際、「これなら何でもなりたいものになれる」と魅了されたという。引用元:https://smart-flash.jp/entame/96369/1

しかし中学校には演劇部がなく、役者になるには体力も重要だと考え運動部に所属。

高校入学後、念願の演劇部に入りスキルを磨いていきました。

そして高校卒業後は大阪芸術大学のミュージカルコースに入学し、俳優への道へ進んでいくのでした。

俳優はとっても小さい頃から志していた夢だったんですね。
破天荒ぶりがクローズアップされがちですが、実はとっても努力家だったんですね!!!

ターニングポイント

✅そんな古田新太のターニングポイントは何だったのでしょうか!!?????

結論それはやはり劇団新感線への加入でしょう!!!!

劇団新感線といえばいまや1回の公演で10万人以上を動員する超人気劇団。

古田新太は現在も劇団新感線の看板俳優を務めています。

なれそめとしては、大学の先輩の渡辺いっけいに、

「儲かるぞ。モテるぞ~」引用元:https://smart-flash.jp/entame/96369/1

と誘われ加入したそうです。

そして古田新太が主役と悪役を演じた『髑髏城の七人』が大人気となり、一躍演劇界のスターに。

その後は関西のテレビ番組を中心に出演し、瞬く間に全国区で知られることとなったのでした。

当時ラジオ番組で全国区に出演したはいいものの、過激な下ネタぶりで話題になってしまったようですね!!
破天荒を地でいく古田新太の強烈なキャラクターが人気の一因でしょう!!

俳優としての実績

古田新太はその後、
話題作には必ずといっていいほど出演しているといっていいほど、実績をつんでいるんです!!!

出演した話題作は数知れずありますが、人気の作品としては「俺のスカート、どこ行った?」や「木更津キャッツアイ」、「逃げるは恥だが役に立つ」など。

「木更津キャッツアイ」、「逃げるは恥だが役に立つ」は主演ではありませんが、脇役として出演者に強烈な印象を残しました。

また「俺のスカート、どこ行った?」では女装家という独特な役どころをエネルギッシュに演じ話題になりました。

このように幅広い役を演じる古田新太。

インタビューでは役を引き受ける際の独特のスタンスが明かされました。

作品を選ぶ基準は「スケジュールが合うかどうか」で、どんな役もイヤとは言わず、オファーがあれば引き受けるという。引用元:https://www.jprime.jp/articles/-/23420?page=2

演技力がないと出来ないスタンスですよね!!
ここまでの実績を積んでいることも納得です。

古田新太の若い頃について世間の声

✅では、古田新太の若い頃に対して世間の皆さんはどんな反応を示しているのでしょうか?

やはり多いのが、古田新太の若い頃のイケメンぶりに驚く声です!!!
今は演技派の貫禄がある姿なので、昔の痩せた姿にはとにかくギャップがあるんでしょう!!
この姿を見ると、「モテていたのは納得」となるようですね!!!

まとめ

今回は古田新太の若い頃に関する話題でした。

要点をまとめます。

古田新太の破天荒な生き様に絶賛の声続出! まとめ

・古田新太は痴情のもつれで女性に刺されたことがある
・古田新太はかつて6股をしていた
・若い頃はかなりのイケメンだった
・小学生のときにミュージカルを観て俳優を志した
・劇団新感線に加入後、全国区の俳優として出世した

古田新太は若い頃はかなりのイケメンで女性にモテモテ。
そしてなんと女性に刺されたこともある破天荒ぶりでした!!!
ですが今も大御所俳優としてテレビや舞台にひっぱりだこなのは、その豪快だが優しい人柄のおかげでしょうね!!
まだまだ俳優現役ですし、これからももっと破天荒な伝説を作って欲しいですね!!

スポンサーリンク

ifのディスプレイ広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.