ディーンフジオカの嫁は資産〇億の大富豪の娘!2021年現在の気になる夫婦関係は?

Pocket

今回はディーンフジオカに関する話題をお届けします。

ディーンフジオカといえば、モデル・俳優・シンガーソングライター・映画監督として活躍されており、映画やTVドラマ、ラジオ・CM・楽曲作成など様々な分野で活躍されているマルチタレントです。

甘いマスクと確かな歌声で人気のディーンフジオカですが、すでに結婚しているようですね。

ディーンフジオカの妻はインスタをやっているそうですが、アカウントを非公開にしたことで話題になっていました。

アカウント非公開には連れ子が関係しているというのですが…

一体どういうことなのでしょうか?

ということで、今回はディーンフジオカさんと、その妻について調べてみました。

ディーンフジオカの嫁の人物像について

View this post on Instagram

take(@hisae.4171)がシェアした投稿

プロフィール

・名前:ヴァニーナ・アマリア・ヒダヤット

出身:オーストラリア

国籍:インドネシア

生まれ:中国人とインドネシア人のハーフ

職業:元モデル・レコード会社経営

妻の名前はヴァニーナ・アメーリア・ヒダヤットさんというそうです。

とても長い名前ですが綺麗な名前ですね。

ディーンフジオカは1980年8月19日うまれということで2021年現在41歳になりますが、妻であるヴァニーナはそれよりも2歳年上で43歳ということになります。

ヴァニーナは現在一般人ですが、過去にモデルをしていたそう。

画像引用元:https://aran2.blog.ss-blog.jp/2016-02-18-1

この画像の奥の女性がヴァニーナ。

とても美人ですね。

ディーンフジオカよりも年上とは思えません。

画像引用元:https://2xmlabs.com/archives/1008

写真を見る限りヴァニーナは20代後半といっても充分通じるルックスですよね。

インドネシアのエキゾチックさとルーツである中国の凛々しさを併せ持つまさに美魔女だなと思いました。

将来50歳とか60歳になってもめちゃくちゃ美人なんでしょうね。

ヴァニーナの国籍はインドネシアですが、祖先が中国から移住してきたということなので一応ルールは中国にあるんですね。

いわゆる「華僑」にあたります。

華僑(かきょう)とは

外国に移住している中国人やその子孫(中国国籍を持つ在外中国人)。

彼らはビジネスの勝ち負けにこだわりますし、その生活の全てにおいて経済が優先され、幼い頃から自らの子供にマネー教育をほどこす伝統があると言われています。

また鄧小平の開放政策を背景に海外進出をした「新華僑・華人」の多くは高学歴のエリートであり、ビジネスの現場でもその才能を遺憾なく発揮しています。

華僑の人々は現在でも多く存在しますね。

ヴァニーナの経歴

姉さん女房なヴァニーナですが、驚きの経歴の持ち主であることが分かりました。

ここからは、ヴァニーナの年齢や職業など詳細なプロフィールをご紹介します。

ヴァニーナは元グラビアモデル

画像引用元:https://urara-world.com/dean-fujioka-yome-fugou

ヴァニーナはスタイルも抜群で容姿も整っていますが、実は過去にグラビアモデルをやっていたことがあるそうです。

だからこんなに美人なんですね。

ネットにはヴァニーナのグラビア撮影時の写真があります。

露出が高いのとタトゥーがあるため画像の掲載は控えますがそのプロポーションのすさまじさは昔から変わらなかったみたいですね。

人に見られる仕事をしていたとなると自分の容姿や体型には気を遣うでしょう。

体型維持の方法を教えてほしいくらいです(笑)

ヴァニーナの奇跡のアラフォー画像集

画像引用元:https://sky-ran.com/archives/208

ディーンフジオカもそうですが、ヴァニーナはとても40歳を超えているようには見えませんよね。

凄く若く見えます。

仲間由紀恵さんに似ているような気がしませんか?

ネットでヴァニーナの画像を探してみたのですが

画像引用元:http://runrunskip.com/archives/1266

画像引用元:https://urara-world.com/dean-fujioka-yome-fugou

画像引用元:https://popsokuhou.com/entry315.html

どれも美人としか言いようがない画像ばかりでした。

お子さんの顔はどことなくディーンフジオカに似ていますね。

ヴァニーナのような美人な奥さんであれば家族で外出したときに注目の的になること間違いなしでしょう。

レコード会社を経営する敏腕社長

画像引用元:https://affiliate-free-illust.net/company-free-illustration

そしてヴァニーナの職業についてです。

ヴァニーナは「Delapan Naga Angkasa」というレコード会社を経営していたようです。

こちらのレコード会社はTwitterアカウントを所有していますが

2014年3月を最後に更新が途絶えています

現在の活動や年収、企業の規模は分かりかねますが2014年はヴァニーナがお子さんを出産した年でもあります。

ディーンフジオカも役者として大ブレイクしていますから会社の経営は降りたのかもしれませんね。

それにしても、ヴァニーナ会社経営なんて相当なキャリアウーマンだったんですね。

ディーンフジオカにとっても子供達にとっても自慢の奥さん・母親ですね。

ディーンフジオカは2021年現在、嫁と別居状態!その理由と夫婦仲は?

では、ディーンフジオカとヴァニーナは現在どのような夫婦生活を送っているのでしょう。

お二人の夫婦生活について調べてみたところ、現在は別居生活を送っていることが判明しました。

夫婦仲が悪くて別居しているのかと思ったのですが、実際はそうではないようですよ。

もともとディーンフジオカが海外を拠点として活動しているときにヴァニーナと出会ったようですが、その後ディーンフジオカは日本での活動をメインとすることになりました。

そのため単身赴任という形に。

ヴァニーナは現在インドネシアのジャカルタでお子さんたちを育てているみたいです。

2021年現在でもディーンフジオカが妻と不仲とか離婚といった情報は見つからないのでヴァニーナは育児に専念しつつ円満な夫婦生活を送っているのではないでしょうか。

ちなみに2019年時点でディーンフジオカはヴァニーナから送られてくる子供たちの写真を一人眺める生活を送っていたそうです。

国民的俳優もプライベートでは愛する妻や子供たちと離れて寂しい生活を送っているのですね。

物理的な距離こそありますが今後もヴァニーナと子供たちと、愛のある暮らしをしてほしいなと思います。

ディーンフジオカの嫁はバツイチ子持ち

画像引用元:https://blog-gururimichi.blogspot.com/2019/10/blog-post_619.html

ディーンフジオカとヴァニーナの間には現在4人の子供がいます。

ただヴァニーナはディーンフジオカと結婚する前に既に子供を産んでいたそうです。

つまり、連れ子がいるということですよね。

詳しく見てみましょう。

嫁・ヴァニーナの連れ子は成人

画像引用元:https://xn--o9j0bk9502af6a074bi40d7kf59d.com/2017/06/26/post-1461/

ディーンフジオカさんはヴァニーナの連れ子について、以下のように語っています。

妻と出会った当初から彼女に子どもがいることは知っていました。そのことも含め彼女のことを好きになり、付き合い始め、結婚しました。その子は私の大切な家族の1人です

と、20歳の子も含め、愛情を注いでいる“家族”ということを強調した。

参考記事:週刊女性PRIME
https://www.jprime.jp/articles/-/9297?page=2

長男は2017年時点で20歳であるということがわかっているので、2021年で23歳になります。
現在はインドネシアに住んでおり、家族のイベントがあるときには参加するんだとか。
家族仲も、悪いということはなさそうです。

息子さんは日本のサブカルチャー好きでオタクを自負し、友達とアニメのイベントに参加したり日本で秋葉原観光をしたこともあるそうです。

日本の漫画やアニメは海外でとても人気がありますもんね。

漫画を通して日本に興味を持ってもらえるのは嬉しいかぎりです。

ちなみに長男が学生や社会人として働いているというような、プライベートな情報については見つけることができませんでした。

画像引用元:https://skyscraper-oasis.com/2019/10/08/dean-fujioka-wife/

ヴァニーナの長男は現在成人を迎えているということでしたが、ディーンフジオカと血のつながりがある子供たちのプロフィールはどうなっているのでしょう。

ディーンフジオカにはカイさん、リンさんという双子の子供がいます。

ヴァニーナが双子を出産したのは結婚から2年後の2014年10月。

レコード会社のTwitter更新が止まった年ですね。

2021年現在6歳ということになります。

もうすぐ小学校に入学でしょうか。

画像引用元:http://trend-capsule.seesaa.net/article/459957258.html

左側が女の子のリンさん、右側が男の子のカイさんだそうです。

とても可愛いですね!

画像引用元:https://yononakanews.com/entame/8624/

また、ヴァニーナは自身のインスタグラムにて2017年3月に第三子・男の子の誕生を報告しています。

ということでインスタを確認しようとしたら…

なんとヴァニーナのインスタは現在非公開になっているようです。

実はディーンフジオカとの3人目の子供が生まれてすぐに世間がお二人のプライベートを詮索するような事態になりました。

親御さんの仕事のことや子供・夫の将来のことなど様々な憶測が飛び交い、そういった世間の声を遮るためにヴァニーナはインスタを非公開にしたのかもしれません。

またヴァニーナのインスタには長男の画像が多数投稿されていたようです。

ディーンフジオカも日本で活躍するようになり、家族への配慮を兼ねて非公開にした可能性もあります。

いずれにせよ、ヴァニーナ側がアカウントを再び公開するまで温かく見守るべきなのでしょう。

ディーンフジオカの嫁の実家は大富豪

画像引用元:https://asuka-shimizu.com/geinouneta/deanfujioka-yome/

続いて、ディーンフジオカの嫁・ヴァニーナの実家についてお話しします。

ヴァニーナの父親はかなりの資産家で、インドネシアの製薬会社『シドムンチュル』のオーナー会長を務めているとか。

その規模もすさまじいもので、年商180億円とかなりの額を稼ぐ大企業です。

ヴァニーナの実家にフォーカスを当ててみましょう。

義理の父親は多角経営の実業家

画像引用元:http://mottoshiritai.blogspot.com/2014/02/SidoMuncul-koujou-wa-shudou.html

ヴァニーナの父親が経営する『シドムンチュル』はインドネシアでは知らない人はいないというほど有名な企業で、黄色いパックの『トラック・アンギン』という伝統生薬が長い間売れ続けています。
この『トラック・アンギン』は風邪や疲労がたまった時などの調子が悪い時に飲まれるようで、原材料はショウガ・蜂蜜・ミント・クローブ・大黄・コメなどの薬より栄養剤に位置づけとしては近いです。

またイルワン・ヒダヤットさんは製薬会社シドムンチュルの他にもホテルなビジネスを手掛けているようです。

商品はアマゾンでも購入可能!!

会社の資産が650億円

『シドムンチュル』は、2018年に売上高200億円の大企業となっています。
仕入れや設備投資、人件費など経費はもろもろがかかってきますが、総資産を金額で表すと650億円はたまた670億円といわれているようです。

一般庶民からすれば途方もない金額ですね。
それだけのヒット商品を作ったと考えれば、納得のいく数字なのかもしれません。

しかもイルワン・ヒダヤットさんは将来的にディーンフジオカにビジネスのお手伝いをしてほしいと考えているという話もあります。

今は俳優にアーティストにと引っ張りだこなディーンフジオカですが、第二の人生は義父の手伝いになるかもしれませんね。

義父に気に入られているなんて羨ましいですし、将来が楽しみです。

ディーンフジオカが義理父の会社を継ぐ可能性について

ディーンフジオカは以前、IT企業を起業することを考えていたという話があります。
もしその話が真実ならば、俳優業を引退後に義父の会社を継ぐ可能性は0ではないでしょう。

実際、義父はディーンフジオカに将来的にビジネスパートナーとなってほしいと思っていますもんね。

もしそうなれば、ディーンフジオカさんの総資産はいくらほどになるのでしょう。
もう想像できませんね。

ディーンフジオカと嫁の馴れ初めについて

ディーンフジオカは取材で重度の『花粉症』だったことを語っています。
他にも、父親が海外出張のたびに海外の物を買ってきてくれていたらしく、それらがきっかけで海外への興味がわいていたとか。

その後は、アメリカからアジアにバックパッカーとして渡航。
渡航先の香港でオープンマイクのイベントに飛び入りで参加したところ、たまたまその場に香港のファッション誌のエディターがいて、スカウトされモデルへの道を歩み始めます。

その後、台湾ドラマへの出演オファーがあり台湾を仕事の拠点へと移します。
台湾では、2005年に『8月の物語』で役者として映画出演をしていたこともあり基盤はできていたのでしょう。

ヴァニーナの聖母の様な優しさで恋に落ちた?

奥さんのヴァニーナとは、台北の知人の紹介で出会います。
聖母のような優しさというよりは、お互いに運命のようなものを感じたと言います。

2人が初めて出会った時のお互いの印象は以下のようなものだったとか。
ヴァニーナはディーンフジオカさんのことを、『自分が知ってた日本時とは全く違ってファイアボールみたいな人』
ディーンフジオカさんはヴァニーナのことを、『言葉数は少ないけど発言がストレートで要点をついてて、エキセントリックな人』

お互いに相手のことを、ちょっと普通の相手と違うという風に感じているのが見て取れます。
これを機に2人は交際を始め、計4年半交際をします。
そしてディーンフジオカが日本で仕事をするということになり、インドネシアを離れることになります。
ヴァニーナとは離れ離れになるわけです。

ホテルを出る際に、ここで別れたら、もう終わりかもしれない。』とディーンフジオカは思ったと言います。
そして咄嗟に、『結婚しよう』とプロポーズ。
2人は晴れて、結ばれることになりました。

交際期間は4年半とのことで、特にスピード婚ではなくちょうどいい期間だったように思います。

俳優さんが結婚すること自体ビッグニュースですし、そのうえ国際結婚…

なかなか衝撃的ですよね。

ディーンフジオカは結婚を発表する際に自身の公式サイトで

私Dean Fujiokaは2012年7月に結婚いたします。

今後もお仕事の都合でまたどこか別の国や、全く未知の環境に飛び込み、今まで以上の挑戦が続いていくことを予感しています。

例え困難な道のりが続くのだとしても、この人と一緒であれば日々の生活に笑顔を忘れず、共に支えあって乗り越えて行けると確信しています。

こう綴っていました。

俳優という職業柄、将来のことを考えれば海外や未知の環境とのつながりは必須ですよね。

自身の世界や視野を広げるべく、国籍に関係なく前向きに人生を歩めるお相手と人生を共にすることを選んだのでしょう。

国際結婚には様々な困難が付きものですが、この女性となら乗り越えられると思ったのでしょうね。

様々な問題に偏見が無くなった現在とはいえ、国際結婚はまだ躊躇しがちな人が多いのが事実。

そんなバイアスをものともせず、むしろ自身の糧とするためにの人生を切り開くディーンフジオカに感服しました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ディーンフジオカと、その妻について調べました。
映画やドラマへの出演でその知名度も高まっており、メディアでも頻繁に見るようになってきています。
彼はこれからも、数多くの視聴者をその演技と声で魅了していくのでしょう。

ディーンフジオカのこれからの活躍が、ファンとしては楽しみですね。

ifのディスプレイ広告
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.